研究費 2022年度

<2022年度> <2021年度> <2020年度> <2019年度> <2018年度> <直近5年以前>

1. 日本学術振興会科学研究費助成事業 基盤研究(C)
「低pH腫瘍微小環境で能動的に取り込まれるBNCT用治療・診断プローブの開発」
1,100千円/2022年度(2022-24年度)、代表 上田真史
2. JST戦略的創造研究推進事業 ERATO
「片岡ラインX線ガンマ線イメージングプロジェクト」
2021-26年度、上田真史(分担) 代表 早稲田大学 片岡淳教授
3. 日本学術振興会科学研究費助成事業 基盤研究(A)
「治療・診断統合による次世代ドラッグデリバリー可視化システムの実証」
2020-22年度、上田真史(分担) 代表 早稲田大学 片岡淳教授