当研究室のアドミッションポリシー

本学薬学部の使命は、研究マインドを常に保持した薬剤師、薬学教育者、薬学研究者の養成です。当研究室は、学科を問わず、すぐれた研究成果をあげることを研究室で体験し、国内外の第1線の研究者と対峙することで、科学者としてのスキルアップを行い、この成功体験を生かしたリーダーシップをとれる研究者を育成することを目的としています。そのため科学の基礎体系をより一層深く理解する力と国際的視点、勤勉さをもつ、医療に関わる科学者を目指す学生諸君を求め、歓迎します。

創薬科学科(4年制)
博士前期(修士 2年)、博士後期(3年)に進学することを希望する学生で、トップレベルの国際的な研究者と対等に渡り合える科学者、研究者となりたい志高い学生を求めます。将来は、世界トップレベルの研究者、厚生労働行政中枢に研究者的視点で携わりたい行政官、国内外の第一線研究機関、大学、製薬企業研究所などで研究、教育職に就きたいなどの学生として輩出したいと考えています。 他の大学院への進学希望者も積極的に応援します。

薬学科(6年制)
薬学科卒業後、薬剤師免許は難なく取得していただくことはもちろん、その上、博士課程に進学することを希望し、将来、高度な薬学知識を有し、リーダーシップとイニシアチブをとれる薬剤師となる志高い学生のみを求めます。博士課程進学を考えていない方は当研究室は向いていません。将来は、大規模病院(大学病院、中核病院など)の薬剤部長職、厚生労働行政中枢に研究者的視点で携わりたい行政官、国内外の第一線研究機関、薬剤師養成機関や大学、製薬企業研究所などで薬剤師を生かした研究、教育職につきたい学生のみを求めます。

当研究室は基本的にすべて同じ日程で活動しています。創薬、薬学の学科を問わず、配属された3年生は全て同一の研究室として、すべての行事、ルールとも共通です。特に注意してもらいたいのは、Weekdayのバイトは認めません。バイトや国家試験対策のための勉強などを理由に日常研究を中断することはあり得ませんし、認めませんのでよく考えた上で研究室を選んでください。緩い生活を望む方は来ない方が身のためです。

中途半端な研究、おままごとのような卒業研究は一切お断りです。私たちはあなたたちを同僚として向かえ、一緒に研究を行っていく同志と考えています。そのつもりで研究室に来てください。

* 博士前期課程在学中に、就職活動される方、博士進学を希望しない方へ

・ 研究分野に沿った就職活動(研究・学術・開発など)の場合には協力します。

・ 公務員希望者は、研究系、行政職系を問わず、受験に協力します。

・ やみくもにエントリーシートをかいて、ポリシーなく乱れ打ちをする文系的就活は、研究がおろそかになるので、H25年度からお断りします。そのような方は修士の修了を延期または認めない場合があります。

・ 当研究分野の得意な就職先は、薬物動態系(分子イメージング)、代謝生理系(分子イメージング)、標識化学系(放射性医薬品学)、材料化学系(特に機能性材料や合成系)、分析化学系(品質管理、分析)、食品・機能性食品基礎研究系になります。ターゲットを絞った就活であれば協力します。ただし、成績の悪い方、研究ができない方は協力できません。

・当研究分野の卒業生には公務員(科学警察系研究職など)、アカデミア研究者(大学、研究機関など)が多いです。

2013.04.02