研究内容

1.脳ニコチン受容体を対象とした放射性分子プローブ開発・生理機能の解明研究

脳に存在するニコチン性アセチルコリン受容体(ニコチン受容体)は、記憶・認知などの高次脳機能に関与するのみならず、鎮痛・神経保護など多様な生理作用を担っています。具体的な疾患との関連では、アルツハイマー病やパーキンソン病でニコチン受容体が減少することが報告されています。このように多様な生理機能、および疾患と密接に関わっているニコチン受容体に対するイメージングプローブを開発し、それを用いてニコチン受容体の担う生理機能や関連する疾患の病態メカニズムを解明する研究を行っています。

発表した研究成果(原著論文・総説・著書)
・Nucl Med Biol. 43(6): 372-8 (2016).
・Horizons in Neuroscience Research, Volume 26 (Nova Science Publishers). 117-134 (2017).
・Nicotinic Acetylcholine Receptor Signaling in Neuroprotection (Springer). 17-44 (2018).
・Mol Imaging Biol. 21(3): 519-528 (2019).
・Bioorg Med Chem. 27(11): 2245-52 (2019).

2.がんの早期診断・質的診断のための生体分子イメージングプローブの開発

がんは日本人の死因の第1位であり、根治可能なステージで発見できる早期診断法の開発が求められています。また、がんに対する新しい治療薬も種々開発され、効果を上げていますが、それらはがんに発現する特定のタンパク質を標的にした分子標的薬であり、治療適用となる患者を適切に選別する手法の開発も求められています。当研究室では、前がん病変からがんに至る過程で発現が亢進するタンパク質や、分子標的薬による治療標的となっているタンパク質に結合する放射性薬剤・MR造影剤を開発し、がんの早期診断や質的診断に繋げる研究を行っています。

発表した研究成果(原著論文・総説・著書)
・Nuclear Oncology (Wolters Kluwer Health). 616-621 (2014).

3.がん中性子捕捉療法のための診断・治療用プローブ(セラノスティックプローブ)の開発

がん中性子捕捉療法とは、がん細胞にホウ素薬剤を選択的に取り込ませ、中性子を照射してホウ素に核分裂を起こさせることでがん細胞を選択的に死滅させる治療法のことで、手術・化学療法・放射線治療に続く新たながん治療法として期待が高まっています。現在臨床使用されているホウ素薬剤の腫瘍移行量や選択性が必ずしも十分ではないことから、より高く腫瘍に取り込まれるホウ素薬剤(=治療薬)開発および、その移行量を非侵襲的に評価できる診断薬開発を行っています。

4.終末糖化産物受容体(RAGE)を標的とした放射性分子プローブの開発

終末糖化産物受容体(Receptor for advanced glycation end products: RAGE)は、アルツハイマー病、がん、糖尿病、心血管疾患など、種々の疾患の進展に関与することが知られています。当研究室では、各種疾患の診断や病態解明につながることを期待して、RAGEを標的とした放射性分子プローブを開発しています。

5.マグネシウム欠乏がもたらす心機能低下のメカニズム解明研究

疫学調査により、マグネシウム欠乏状態(低マグネシウム血症)で心疾患リスクが増加することが明らかとなっていますが、心疾患が誘発されるメカニズムは解明されていません。当研究室では、マグネシウム欠乏餌で飼育したマウスを小動物MRI装置で撮像することで、低マグネシウム血症で心機能が低下することを非侵襲的に明らかとしました。そこで現在は、このマウスを用いて心機能が低下する機序解明に関する研究を行っています。

6.八臭素化水溶性ポルフィリンを用いる分析学的検討

八臭素化 tetracarboxyphenylporphine(OBTC)を用いて、HPLCで金属イオンを定量する研究、また、OBTC担持イオン交換樹脂を用いて金属イオンの捕集材を開発する研究などを行っています。

発表した研究成果(原著論文・総説・著書)
・YAKUGAKU ZASSHI. 132(8): 953-958 (2012).
・YAKUGAKU ZASSHI. 131(8): 1233-1240 (2011).

7.低温プラズマの医療応用に関する研究

近年、低温プラズマ(非平衡大気圧プラズマ)が、抗がん、止血、殺菌、創傷治癒など種々の有益な作用を持つことが明らかとなり、その医療応用に期待が高まっている。当研究室では特に止血作用に着目し、現在臨床で一般的に利用されている高温熱凝固止血法に比べて、低温プラズマ止血法では、処置後に生じる炎症が早期に収まることを18F-FDG-PETにより非侵襲的に明らかとし、低侵襲な止血法としての低温プラズマの医療応用の可能性を示しました。

発表した研究成果(原著論文・総説・著書)
・Plasma Medical Science (Elsevier). 322-28, 344-52 (2018).
・Arch Biochem Biophys. 605: 95-101 (2016).
・Plasma Process Polym. 12(12): 1338-42, 1348-53 (2015).