著書

【戻る】

2017年

  • 【New】Ueda M, Saji H.
    Development of nicotinic acetylcholine receptor imaging probes and their use for the functional analysis of nicotinic acetylcholine receptors in neuropathic pain.
    In: Horizons in Neuroscience Research. Volume 26, Andres Costa and Eugenio Villalba (Ed.).
    New York; Nova Science Publishers, Inc.; 117-134 (2017).

2015年

  • 「放射化学の事典」(日本放射化学会 編集)、朝倉書店(2015)
    V 核・放射化学に関する分析法
    12.アクチバブルトレーサー(p. 176):猪田敬弘、榎本秀一
    IX 放射線・放射性同位元素の生命科学・医薬学への応用
    01.マルチトレーサー(p. 290):榎本秀一
    06.粒子線治療(p. 298-9):東川桂、榎本秀一
    14.医薬品開発におけるRI利用(p. 314-5):竹中文章、榎本秀一
  • 天満敬、上田真史、佐治英郎.
    第4章 受容体結合、新生血管に基づく腫瘍PETイメージング.
    DOJIN BIOSCIENCE SERIES 22 「がんの分子イメージング」(浦野泰照 編).
    化学同人.京都.21-9 (2015).
  • 飯田靖彦、中西徹、上田真史 編集(佐治英郎 監修).
    「薬学領域の放射化学」、廣川書店(2015).

2014年

  • Ueda M, Temma T, Saji H.
    Radionuclide Imaging of Integrins.
    In: Nuclear Oncology, Cumali Aktolun and Stanley J. Goldsmith (Ed.).
    Philadelphia; Wolters Kluwer Health; 616-621 (2014).
  • 谷口将済、榎本秀一.
    第3章 新規分析手法の毒性学への応用 3.4 生体内複数元素の同時イメージング.
    「毒性の科学――分子・細胞から人間集団まで」、東大出版会(2014).

2013年

  • Ueda M, Saji H.
    Visualization and Treatment of the HIF-1-Active Microenvironments in Tumors: Drug Design and Application of Oxygen-dependent Degradable Probes for Molecular Imaging of HIF-1-active Microenvironments.
    In: Hypoxia: Causes, Types and Management, Dirk Vordermark (Ed.).
    New York; Nova Science Publishers, Inc.; 223-236 (2013).

2012年

  • Ueda M, Saji H.
    Imaging of Hypoxia-Inducible Factor-1-Active Regions in Tumors Using a POS and 123I-IBB Method.
    In: Tumors of the Central Nervous System, Volume 5: Astrocytomas, Hemangioblastomas, and Gangliogliomas, M.A.Hayat (Ed.). New York; Springer; 129-134 (2012).

2011年

  • 榎本秀一、安井裕之 編著.
    「薬学生dead or alive-薬学生、成功への鍵は…-」、京都廣川書店(2011).

2010年

  • H. Haba, S. Motomura, S. Kamino, S. Enomoto.
    “Tracer Technique” (Chapter 35)
    In: Handbook of Nuclear Chemistry 2nd ed.,  Springer, 2010, ISBN: 978-1-4419-0720-2.
  • 上田真史.
    第16章 腫瘍核医学の分子イメージング 1.低酸素の分子プローブとそのイメージング.
    「臨床医とコメディカルのための最新クリニカルPET」 (先端医療シリーズ41) 編集主幹 米倉義晴.
    先端医療技術研究所.東京.262-5 (2010).

2008年

  • 榎本秀一、廣村信、五十嵐香織.
    第6編 第2章 ミネラルのイメージング技術.
    「ミネラルの科学と最新応用技術」、糸川嘉則監修、シーエムシー出版、pp397-419 (2008).

2007年

  • 榎本 秀一.
    第二章、第五章.
    放射化学研究50年のあゆみ 日本放射化学会,CD-ROM版 (2007).

2006年

  • 榎本秀一.
    微量元素の研究法 放射性同位元素トレーサー法とマルチトレーサー法.
    「生命元素事典」pp363-370 (2006).
  • 五十嵐香織、榎本秀一.
    微量元素の研究法 加速器による微量元素分析法.
    「生命元素事典」、桜井弘編、オーム社、pp371-377 (2006).
  • 榎本秀一.
    放射化学用語辞典、日本放射化学会(日本放射化学会編)(2006).

2005年

  • 榎本秀一、五十嵐香織.
    “鉄”.
    「サプリメントデータブック」、吉川敏一、桜井弘 共編、オーム社、東京、pp174-186 (2005).
  • 榎本秀一.
    “コバルト”.
    「サプリメントデータブック」、吉川敏一、桜井弘 共編、オーム社、東京、pp187-194 (2005).
  • 榎本秀一.
    “臭素”.
    「サプリメントデータブック」、吉川敏一、桜井弘 共編、オーム社、東京、pp231-235 (2005).
  • 榎本秀一.
    “ヨウ素”.
    「サプリメントデータブック」、吉川敏一、桜井弘 共編、オーム社、東京、pp236-242 (2005).

2003年

  • Ambe F., Ambe S., Enomoto S., Vertes A., Nagy S., Klencsar Z.
    “Chapter 11: Tracer technique.”
    Handbook of Nuclear Chemistry, Vol. 3: Chemical Application of Nuclear Reactions and Radiations, 443-474 (2003).
  • Enomoto S., and Seko Y. Eds.
    Proc. of Int. Symp. on Bio-Trace Elements 2002 (BITREL2002), RIKEN, Saitama (2003).

2002年

  • Enomoto S, Hirunuma R.
    Multitracer technology in biology.
    Perspectives in Heavy Ion Physics. 4th Italy-Japan Symposium. World Scientific., pp.468-79. Singapore. (2002).
  • Motomura S, Pan QY, Gono Y, Yang YF, Enomoto S, Yano Y, Asahi K.
    Compton camera for multitracer.
    Perspectives in Heavy Ion Physics. 4th Italy-Japan Symposium. World Scientific., pp.439-47. Singapore. (2002).

2000年

  • 榎本秀一.
    “生命を支える微量元素:微量金属元素は体の指令官 体内メカニズムを操る妙技”
    サイアス、朝日新聞社、2000/04, 86-90 (2000).
  • 榎本秀一.
    “楽しい化学の教室:生活の中に潜む毒物を図る(1)ヒジキの中のヒ素を測る“
    現代化学 349, 30-33、東京化学同人、東京(2000).

1996年

  • 榎本秀一、安部文敏.
    「よくわかる ミネラルの基礎知識」、オーム出版、東京(1996).