研究会終了のご報告

第3回日本核医学会分科会放射性薬品科学研究会/第19回放射性医薬品・画像診断薬研究会は、73名の参加者で、盛会のうちに終了いたしました。
多くの皆様にご協力・ご参加いただきましたことを心より御礼申し上げます。

大会長 上田 真史

中村駿介(M1) 岡山分析化学進歩賞を受賞(第42回岡山地区講演会)

当研究室の大学院生 中村駿介が日本分析化学会中国四国支部・岡山地区分析技術懇談会主催 第42回岡山地区講演会にて岡山分析化学進歩賞を受賞しました。

発表タイトル:
膵管がんの核医学診断を目的としたαvβ6 integrin標的ペプチドプローブの開発

松浦有希(D3) 学生発表奨励賞を受賞(第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会)

当研究室の大学院生 松浦有希が第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会にて学生発表奨励賞を受賞しました。

発表タイトル:
アルツハイマー病モデルマウスにおける脳糖代謝能およびニコチン受容体密度の核医学的評価と認知機能低下の関連性の解明

発表者:
松浦有希1、上田真史1、檜垣佑輔1、佐野紘平2,3、佐治英郎3、榎本秀一1,4
(1岡山大院医歯薬、2京大病院RI、3京大院薬、4理研CLST)

日本薬学会中国四国支部のサイトは こちら