原著・総説 2019

【2020年】 【2019年】 【2018年】 【2017年】 【2016年】 【直近5年以前】

1.
Ui T, Ueda M*, Higaki Y, Kamino S, Sano K, Kimura H, Saji H, Enomoto S.
Development and characterization of a 68Ga-labeled A20FMDV2 peptide probe for the PET imaging of αvβ6 integrin-positive pancreatic ductal adenocarcinoma.
Bioorg. Med. Chem. 28(1): 115189 (2020)., Published online: 09 November 2019.

膵臓がんは5年生存率が非常に低いがんの1つであり、それを早期発見できる手法の開発が求められている。本研究では、正常な膵臓には発現しておらず、前がん病変から膵臓がんに至る過程で発現が増加するタンパク質であるαvβ6インテグリンに結合するペプチドを母体とした、膵臓がんの早期発見用放射性プローブの開発を行った。その結果、母体ペプチドと放射性核種(68Ga)標識部位の間にスペーサーとしてグリシン6残基を挿入し、C末端をアセチル化したプローブが、 αvβ6インテグリン発現腫瘍を特異的に画像化できることを見出した。本研究成果は、膵臓がんの早期診断法の開発に新たな知見をもたらすことが期待できる。

岡山大学学術成果リポジトリで公開中

2. Kimura H, Ueda M, Kawashima H, Arimitsu K, Yagi Y, Saji H.
Synthesis and biological evaluation of Tc-99m-cyclopentadienyltricarbonyl-technetium-labeled A-85380: An imaging probe for single-photon emission computed tomography investigation of nicotinic acetylcholine receptors in the brain.
Bioorg. Med. Chem. 27(11): 2245-52 (2019).
3. Hosoda R, Kamino S, Ueda M, Sawada D.
Synthesis and acid-stimulus responsiveness of aminobenzopyranoxanthene spiroethers.
Heterocycles 99(2): 820-4 (2019).
4. Takeda K, Yamada H, Ishikawa K, Sakakita H, Kim J, Ueda M, Ikeda J, Akimoto Y, Kataoka Y, Yokoyama N, Ikehara Y, Hori H.
Systematic diagnostics of the electrical, optical, and physicochemical characteristics of low-temperature atmospheric-pressure helium plasma sources.
J. Phys. D Appl. Phys. 52(16): 165202 (2019).