研究費 2016~2017年度

<戻る>

<2017年度>
1. 公益財団法人日本膵臓病研究財団 第25回(平成29年度)膵臓病研究奨励賞
「難治性膵管がんの早期検出のための高汎用性PET診断用プローブの開発研究」
500千円/H29年、H29年度、代表 上田真史
2. 岡山県特別電源所在県科学技術振興補助事業
「深部がん等、難治性がんを標的とした放射線依存光・超音波力学治療に関する基盤研究(グループ研究)
サブグループ研究テーマ:抗がん剤治療の効果増強を目指した血管内皮細胞標的radio-induced photodynamic therapy(R-PDT)の開発」
1,818千円/H29年、H29年度、上田真史(分担) 代表 岡山大学医歯薬学総合研究科 松浦栄次教授
3. 日本学術振興会科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
「脳内RAGEイメージングプローブの開発:アミロイドPET偽陽性克服への挑戦」
1,300千円/H29年、H28-29年度、代表 上田真史
<2016年度>
1. 岡山県特別電源所在県科学技術振興補助事業
「深部がん等、難治性がんを標的とした放射線依存光・超音波力学治療に関する基盤研究(グループ研究)
サブグループ研究テーマ:抗がん剤治療の効果増強を目指した血管内皮細胞標的radio-induced photodynamic therapy(R-PDT)の開発」
1,818千円/H28年、H28年度、上田真史(分担) 代表 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 松浦栄次教授
2. 日本学術振興会科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
「脳内RAGEイメージングプローブの開発:アミロイドPET偽陽性克服への挑戦」
1,300千円/H28年、H28-29年度、代表 上田真史
3. 文部科学省科学研究費助成事業 新学術領域(研究領域提案型)(継続の研究領域)
「低温プラズマ止血医療の確立を目的としたトランスレーショナル分子イメージング研究」
2,900千円/H28年、H27-28年度、代表 上田真史
4. 日本学術振興会科学研究費助成事業 若手研究(B)
「抗体薬物複合体療法における複数分子同時イメージングによる治療効果予測法の開発」
1,700千円/H28年、H27-28年度、代表 竹中文章